青藍会は地域の皆様に医療と介護をご提供しています。

サブビジュアル

平成29年度 医療法人社団青藍会鈴木病院 病院指標

  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 106 55 63 71 70 195 273 132
2017年度退院患者さんの人数(総計979人)を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
当院は区東部医療圏を中心に二次救急医療機関として医療を提供しています。
また関連施設として特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養、回復期病床を有しており、関連施設、近隣の有料老人ホーム、グループホーム、特別養護老人ホームからの救急入院が多い傾向にあります。
当院の入院患者さんは、60歳代が7.2%、70歳代が19.9%、80歳以上が27.9%、90歳以上が13.5%と、特に最近は80歳以上の女性で平均寿命を超えた患者さんが多くを占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、DPC名称、患者数、当院の平均在院日数、全国平均在院日数、転院率、平均年齢、解説を示しております。
尚、該当患者数が10未満のため、「-」表記で数値を伏せています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 急性アルコール中毒 51 1.37 2.66 0.00% 33.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 50 14.92 12.34 0.14% 82.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 28 26.46 20.83 0.32% 84.00
内科では高齢の患者さんに多い尿路感染症、誤嚥性肺炎、二次救急医療機関という特性から急性アルコール中毒の患者さんが上位を占めています。
高齢の患者さんは病状回復後も自立した生活が困難で、転院、施設への入所が必要になるケースが多く、退院調整に時間を要し入院期間が長くなる傾向にあります。
当院では関連する療養病院、老人保健施設を有しているので、家族の意向も踏まえてそちらへの転院も進めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x アルコール中毒 82 1.35 2.66 0.00% 31.00
150010xxxxx0xx 急性胃腸炎 16 1.75 5.50 0.00% 31.00
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - - - -
外科は一般外科(けが等を扱う)、消化器外科が主体ですが二次救急医療機関という特性から急性アルコール中毒、急性胃腸炎の患者さんが上位を占めています。
急性アルコール中毒、急性胃腸炎は担当医師により内科でも外科でも受けているため、患者数が分散する結果となっていること、上位にはあがりませんが尿管結石、大腸憩室炎、胆石胆のう炎の治療にもあたっており、状態に応じて専門病院への転院も迅速かつ積極的に行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 大腿骨骨折 33 17.85 15.22 0.61 80.00
071030xx99xxxx 急性腰痛症 30 8.53 9.88 0.10 67.00
160580xxxxx0xx 腰背部、臀部挫傷 22 16.59 8.48 0.05 80.00
整形外科は救急搬送にて入院される患者さんが多数を占めています。
特に高齢化に伴い転倒による大腿骨頚部骨折等の股関節大腿骨の骨折患者さんが多く、年々増加の傾向にあります。
骨折の状態により人工骨頭挿入術、大腿骨骨折観血的手術(CHS、ガンマネイル)を実施、必要に応じて他院への紹介も行っています。
骨折によるADL低下を最小限にするため、リハビリテーションは患者さんの状態に配慮し、受傷後早期から積極的に実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 2 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんといわれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発病期分類別と再発に分けて2017年度に退院した患者さんで集計しています。
但し、該当患者数が10未満のため、「-」表記で数値を伏せています。
UICC病期分類とはUICC病期分類国際対がん連合によって定められた①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによってがんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
「初発」とは当院においてがんの診断、あるいは初回の治療を実施した場合、「再発」とは当院、他施設を問わず初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん治療後に局所再発または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
当院では区健診後の精密検査にて胃・大腸内視鏡検査を実施していることから、大腸がんの患者さんが多くなっています。
がんと診断され、手術、抗がん剤投与など専門的治療が必要な場合は近隣のがん専門病院、大学付属病院への紹介を行っています。
当院での初発患者さんは、その殆どが健診等でがんが見つかった方、再発患者さんは、当院受診時に既往歴としてにがんにかかっている方となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
重症度 患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 12 9.10 77.55
重症 - - -
超重症
成人市中肺炎につき、診療ガイドラインによる重症度分類別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しました。但し、該当患者数が10未満のため、「-」表記で数値を伏せています。
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人がかかる肺炎のことで、病院又は介護施設で生活している方がかかる肺炎、食べ物の誤嚥による肺炎は対象外となります。
患者数は中等症が最も多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。
また軽症の患者さんの平均年齢が54.4歳であるのに比べ、中等症から重症の患者さんの平均年齢は71.8~83.3歳と重症になるほど高齢の患者さんが多くなっています。
治療は急性呼吸不全の管理、薬剤投与が中心です。時には人工呼吸器、気管切開等の処置を行い、さまざまな病態に応じた呼吸管理を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 - 10 27.40 79.90 0.30
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが多く、内科医、脳外科専門医が治療にあたっています。
当院ではこういった緊急性のある疾患に迅速に対応できるよう、常時CT等の検査ができる万全の体制を敷いており、更に専門的な治療が必要となった場合には脳外科専門病院への紹介も行っております。
また、急性期治療終了後には個々の患者さんに応じたリハビリテーションを積極的に行っており他施設で急性期治療を終えられた慢性期の患者さんの転院にも応じています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
K654 内視鏡的消化管止血術
内科で最も多い手術は、胃瘻造設術(PEG=ペグ)です。外科と合わせると10例と最も多くなっています。
PEGはさまざまな要因により口から食事が摂れなくなった方や、食べてもむせ込んで肺炎を起こしやすい方に直接胃に栄養を入れる方法で、内視鏡を使ってお腹に胃まで通じる小さな穴を造る手術の事です。
当院では胃瘻造設術と気管切開術は患者さんのリビングウィルを尊重する立場から家族を交え慎重な検討を行った上で実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術)
K6335 鼠径ヘルニア手術
外科で最も多い手術は大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術(EMR)です。
内視鏡でポリープのある粘膜下に薬液を注入し、スネア(輪状になった電気メス)を用いてポリープを切除します。
高齢の患者さんは独りで術前薬を飲むことが困難な場合が多く、あらかじめ入院される方もいらっしゃいます。
当院では術後出血等の合併症観察のため、1泊入院での治療を基本としています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨)
整形外科では外傷に関連した手術が上位を占めています。特徴として高齢の大腿骨近位部骨折の患者さんが多く、手術件数も同様に骨折観血的手術(大腿)、人工骨頭挿入術(股関節)が多くなっっています。
およそ入院1週間以内には手術が行われ、術後リハビリも早い時期から開始されます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 18 0.018
異なる 12 0.012
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院では80歳以上の高齢で慢性の病状をかかえている方の入院が多く、不慮の骨折、消化管出血、心不全の増悪などで入退院を繰り返し、なかでも感染症の増悪での入院が目立っています。
敗血症は肺炎、尿路感染症など何らかの感染症から血液中に病原菌が入り発症します。
播種性血管内凝固症候群(DIC)は血液凝固の異常をきたす疾患で敗血症が原因で発症することもあります。
ここに示している患者数で「同一」とは入院した時に敗血症と診断されている患者さんであり、「異なる」とは、別の病気で入院したが、その後に敗血症を起こし元々の病気の治療よりも敗血症の治療に時間を要した場合を示しています。
「手術・処置等の合併症」の中の主な疾患は中心静脈カテーテル感染等が挙げられます。
尚、該当患者数が10未満のため、「-」表記で数値を伏せています。
更新履歴